Kotlin

Kotlin:はじめての画面遷移


どうも、ささおです。

 

今回はAndroid画面遷移をKotlinでシンプルにメモしていきます。

 

Intent

AndroidではIntentという機能で画面遷移を行います。

「Intentとはactivity間で情報のやり取りをするための箱」という説明をよく目にします。

このように記述することで画面遷移することができます。

 

val intent: Intent = Intent(this, NextActibity::class.java)

の行でintentを作成します。

Intentの引数は

第一にthis,

第二に 始動させたいActivity::class.java

とします。(NextActivityというactivityに画面遷移する想定です。)

 

startActivity()

そしてstartActivity()に引数として格納して

startActivity(intent)とすることで

acitivityがstart(画面遷移)されます。

 

このたった2行をボタンのクリックイベントに記述することで完成です!

 

戻り方

戻り方は単純でstartされたactivityを終わらせればおけです!

つまりこれです!

画面遷移した先のactivity(今回だとNextActivity)の戻るボタンのクリックイベントにfinish()を記述してあげればおけです!

 

短いですが、これで終了です!


コメントを残す

*