Swift

新卒の僕がよく見るiOSライブラリ集


実際に業務としてプロジェクトに関わって思うのは、

ライブラリの使用経験の有無がそこそこ大切ということです。
特に僕のようなペーペーはライブラリ特有の記述が出てきただけで焦ってしまうので、

有名なライブラリの基本的な使用方法は勉強しておいた方が楽だなぁ思います。

 

※随時更新していきます

 

Autolayout楽チン

SnapKit

https://github.com/SnapKit/SnapKit

『おっ!これはSnapKitの記述だな!』とかなりわかりやすい記述ができるので僕は好きです。

PureLayout

https://github.com/PureLayout/PureLayout

『これが綺麗なメソッドの書き方・ネーミングなんだろうなぁ』と思わせる圧倒的な英語感があります。

SnapKitよりライブラリを使用しないAutolayoutに近い気がします

 

HTTPクライアント

Alamofire

https://github.com/Alamofire/Alamofire

超有名ライブラリですね。誰もが一度は触っています。

未経験の方はぜひ!

ドキュメントもたくさんあるので勉強しやすいです。

APIKit

https://github.com/ishkawa/APIKit

正直Alamofireとの違いがわからない。好みの問題??

日本人の方が開発されているようです。

デコード

SwiftyJSON

https://github.com/SwiftyJSON/SwiftyJSON

超有名ライブラリですね。Alamofireの親友です。

Himotoki

https://github.com/ikesyo/Himotoki

APIKitとセットで使用されます。

APIKitと同じ方開発されているようです。

勉強しんどいけど超人気

RxSwift

リアクティブプログラミングができるやつ。
オブジェクト指向ばっかりやっている僕には結構しんどかった想ひ出がある。

でも良く見るから勉強しておくと良いです。

何よりかっこいいので!!

「RxSwiftを導入してリアクティブにしてイカすサービス作ろうぜ!」

ね?かっこいいでしょ??

 

Realm

爆速データベースライブラリです。有名ですね。

Userdefaultsに適さないデータを簡単に扱うことができます。

Coredataは使いづらいことからRealmを導入するサービスが多いようです。

 

 

勉強に良い記事

 

【Swift3】RxSwift + APIKit + Himotokiで作るAPIクライアント - Qiita【Swift3】RxSwift + APIKit + Himotokiで作るAPIクライアント – Qiita

コメントを残す

*