人生

俺が4年間の大学生活で得たもの。


先日、大学の卒業式がありました。

 

4年間あっという間でした。。。

 

このホットな気持ちのまま、4年間の思い出を記しておこうと思います。

 

大学よりもたくさんの時間を過ごした塾講師のバイト

私は個別指導塾の講師のバイトをしていました。

私の大学生活の全てと言っても過言ありません。

 

始めたのは、高3の卒業式が終わったって少しした頃でした。

まさか自分が塾講師のバイトに受かるとは驚きでしたが、

始めてみたら案外うまくいきました。

 

生徒とも良い関係を築くことができていました。

先生と生徒というより、

『友達』という関係の方がしっくりくるほどです。

 

始めは、『年下の友達と話ししているだけでバイト代が出るおいしいバイト』という認識でしたが、

仲良くなるにつれて、絶対志望校に合格させてあげたいなぁと思うようになり、

指導内容、方法、計画などを本気で練るようになりました。

塾講師仲間と一緒に近所のファミレスで『どうやったら成績を上げることができるのか?』ということについて、

毎日夜通し討論していたことが懐かしいです。

その頃の経験は今でも生きていると思います。

 

塾講師のつらいところ

生徒と仲良くなると、その子が抱えいる悩みを聞くことがとてもよくあります。

悩みを打ち明けるというということは、

その子にとって、私はとても信頼できる人なのです。

『誰にも、親にも話せないけど、先生には話せた』と言われたこともあります。

 

しかし、多くの場合、

私たち塾講師にはそういった悩みを解決することはできません。

塾講師のできることの領分はとても狭いのです。

 

特に、学校や家庭での人間関係などの悩みは、少し触れることさえできません。

アドバイスとも言えないような独り言を言うしかないのは、とても歯がゆく、苦しかったです。

 

すごく悩みました。

正直、成績を上げることの何倍も多くの時間悩んでいましたが、

結局、納得のいく答えは出ませんでした。

どんなに心血を注いでも、俺たちは所詮、塾講師でしかない・・・

そんな思いが頭にこびりついて離れませんでした。

 

しかし、逆に考えればできることはとても少ないけど、

全くないわけではないのです!

その子にとって0.0000…….00001%でもプラスになるなら、

全力でやるべきです!

『まだまだ俺にできるとこはたくさんある!!!!!』

そう考えて、精神の安定を図っていました笑

 

学校の先生は何百人もの生徒を抱えていますよね・・・

学校の先生がなぜ変な人が多いのかは、これが理由なんでしょうね。

自分の無力さに徐々に精神が圧迫されて、崩壊してしまうのでしょう。

 

短いですが、これが俺の大学生活の全てです。タイトル詐欺じゃね?笑


コメントを残す

*