Swift

Swift:UILabelの超基礎的な使い方


swift3を基礎であるUILabelの使い方をメモして行きます

 

UILabelの使い方

storyBoard上で配置してちょいちょい!は簡単ですが、

コード上でちょいちょいするのは難しいですよね・・・

これを

f:id:jumprails3303:20161114223455p:plain

これにします!

f:id:jumprails3303:20161116021608p:plain

コードでUILabelの生成

 

makeLabelというUILabelを生成する関数を定義しました。

それをviewDidLoadの中で処理させています。

UILabelの生成を一箇所にまとめているところがおしゃれな感じです。

 

makeLabelの解説

UILabel()

これによってUILabelのインスタンスを生成しています。

インスタンスを生成する際にUILabelのサイズと座標を指定することができます。

この行ですね。

.text

これによってUILabelの文字を指定することができます。

 

.backgroundColor

これによって背景色を指定することができます。

文字の色は変化しません。

 

.font

これによってフォントサイズを指定することがあります。

記述方法がやや複雑なので、よく忘れます。

 

 

.textColor

これによって文字の色を変えることができます。

『fontColor』と書いてしまってよく間違えます。

 

.sizeToFit()

生成したUILabelの大きさをはみ出る文字数の場合、

『こんばんは!今日の夕食を・・・』

のように『・・・』となってしまいます。

それを防ぐためのメソッドがこのsizeToFit()です。

文字数に合わせてUILabelのサイズを変化させます。

 

.addSubView()

ここが非常に重要です。

ここまでにインスタンスを生成し、

カスタマイズしてきました。

しかし、実はまだViewにいないのです。

例えるなら、

工場で商品を作り、包装したり、シール貼ったりすることは完了している状態ですね。

まだ出荷されていないんです。

このaddSubViewによってようやく出荷することができます。

 

 

最終的なコードはこちらです。

こんな感じになりました!
真ん中を元に、下のlabelを変化させ、上にlabelを生成しました!


コメントを残す

*