プログラミング

お馬鹿大学生の俺がプログラミングを勉強して得たこと


私がプログラミングを勉強し始めて、1年経ちました。

大学3年生の1月から始め、現在大学4年生の3月。

早いものです。。。

 

プログラミングを始めたきっかけ

法学部に所属している私はプログラミングや ITには全く縁がありませんでした。

そんな私はなぜプログラミングを始めたのか。

 

大学3年生の12月。

講義を受けている時に、

後ろの席に、一年生の頃に一緒に体育の講義を受けていた友人がいたのです。

その友人は忙しくしているようで、必修の講義でもなかなか会うことがなかったのです。

 

『おお〜めずらしいなぁ・・・スーツも着てるし笑 インターンとか就活が忙しいのかなぁ』なんて思った私は

 

「スーツかっこいいな!就活?インターン?」と聞きました。

普段、私は人に話しかけたりしないのですが、

なぜかその時は魔が差したというか、気が向いたというか、、、なぜか話しかけていました。

 

どうやら話を聞くと、

インターンをしているらしいのです。

世間的に見たら大学3年生がインターンに行っているのは、普通のことかもしれませんが、

私の大学は意識低い低い大学なので、インターンなどを活発に取り組むような意識の高いエリート友人はいませんでした。

 

 

『こいつともっと話がしたい!』

当時の私は就職か、大学院かと

進路を迷っていました。

そこで、もっと彼と話をすれば良い結論が出せるかもしれないと考え、

講義を抜け出し、二人で熱く語り合ったのを今でも覚えています。

 

彼のインターン先は、プログラミングスクールを運営しているらしく、

仕事の内容も、生徒集めでした。

 

結果から言うと、

私はまんまと、彼の営業に引っかかってしまいました。笑

 

『プログラミングは今後絶対に必須のスキルになる!』

『プログラミングを学べば世界を変えられる!』

などなど

いろいろなことを言われたのをうっすら覚えています。

 

 

正直、細かい内容は覚えていませんが、

とにかく

 

楽しそうだな!!!!

 

と思ったです。

楽しそうならやるべき!が信条の私は

そこでそのプログラミングスクールに通うことを決意しました。笑

 

 

プログラミングを勉強することの大変さ

プログラミングの勉強を始めて、最初に思ったことはこれです。

『おやっ?全然楽しくないなくない!?』

 

今思えば当然ですが、

全くわからないことを勉強することは辛いことです。

楽しくなるのはある程度わかってきてからなのです。

 

しかし、当時の私は

『半年でビルゲイツになる』

という360度から見て馬鹿な目標を掲げていました。

根拠のない自信だけは人一倍あったのです。

 

そういった目標を周りに話していた私は、

プログラミングの勉強を止めることはできませんでした。

プライドが許してくれません。

 

どうにかこうにか勉強し始めて半年経った頃には、

プログラミングが楽しくなっていました。(ビルゲイツにはなれませんでしたが。。。)

 

 

それによくよく考えればわかることですが、

多少勉強しただけでわかるようなものは『技術』とは言えません。

『価値がある』ということは、それだけ難しいということです。

 

プログラミングを勉強して得たこと

プログラミングを勉強してよかったことをざっくりいうと、

人生が楽しくなったことです

 

 

 

楽しくなる理由1、人

プログラミングを勉強すると、

若くして夢を持ち起業している人と会うことがあります。

皆さんとてもしんどいながらも充実した生活をしているようでした。

お金はなくても、自分のしていることに社会的な意義を感じている方が多く、

そういった方々に会えると、生きることが楽しくなります。

でもだいたい胡散臭いです。

 

楽しくなる理由2、勉強

プログラミングをしていると毎日が勉強です。

そうなると勉強することに全く抵抗がなくなり、むしろ楽しくなってきます。

プログラミング以外のことについても勉強したくなってきます。

 

そして、何をしている時でも学びがあることに気がつくのです。

 

歯を磨く時、

コーヒーを飲む時、

バスに乗る時、

目玉焼きを焼く時、

etc..

 

常に様々なこと考えるようになり、

まだまだ自分が知らないことはたくさんあることを知ります。

 

それら全てが成長のチャンスで、

楽しさの元です。

 

日々自分の成長を感じることができるのはとても楽しいことです。

 

 

 

挫折しそうな方へ

お気持ちわかります。

難しいですよね。

全くわからないですよね。

 

でもそれは、あなたの頭が悪いからではありません。

誰もが通る道です。

誰もが最初はそうです。

 

私の周りにいる優秀なエンジニアの方々も最初はそうだったと

みなさんそうおっしゃいます。

 

だから安心して勉強してください。

ある日急にわかるようになります。

「昼寝したら、理解できるようになっていた」

ということがざらにあります。

 

『もう少し、あと1時間、1分、1秒勉強したら扉が開けるかもしれない』

そう思いながら勉強しましょう。

 

うまくまとまりませんでしたが、以上です。

ありがとうございました。


コメントを残す

*