Swift

swift3:③UITabBarControllerで画面遷移しよう!


今回は、UITabBarControllerでの画面遷移です!
f:id:jumprails3303:20161119013510p:plain

TabBarでの画面遷移の特徴は、
画面の切り替えです!、、、
何を言ってるのかって??

わかりづらいかもしれませんが、
tabBarでの画面遷移は、遷移というより、切り替えなんです!!

ブラウザのタブを切り替えるのと同じような感覚です。

並行的なんですよ

作成タイム

まずは新しいプロジェクトを立ち上げ、
StoryBoardを開いてください。

そこでデフォルトで配置されているViewControllerを選択した状態で、tabBarControllerを選択してください。
f:id:jumprails3303:20161119012421p:plain

すると、こうなると思います。こうなったら成功です。
f:id:jumprails3303:20161119012512p:plain

次に、もう一枚のViewControllerを配置し、
TabBarControllerを選択した状態で、今配置した、ViewControllerを結びつけてください。
遷移の種類はRelationShipの『View Controllers』を指定してください。
f:id:jumprails3303:20161119012945p:plain

すると
TabBarControllerのボタンが二つになっているではありませんか!!

ひとまず、これで完成です!

しかし、あれ??
tabBarControllerのtabBarのボタンが空っぽだぞ??

と感じているかもしれません!
ボタンをつけたしましょう!

1枚目のViewControllerの下部にあるTabbarのボタンを選択してください。
するとf:id:jumprails3303:20161119014224p:plain
このようになるので、
System Itemを変更しましょう。
今回は『Search』にしましょう!これはどれを選択しても問題ありませんが、私の気分が『Search』だったのでそれにしました笑
すると、TabBarのボタンが変化しました!!
f:id:jumprails3303:20161119014610p:plain

二枚目のViewControllerのtabbarのボタンも適当に変えちゃいましょう!

できたらもう一度runしてください!
できましたか?


コメントを残す

*