Swift

swift:UIWebViewでwebページを引っ張ろう!!


今回は、UIWebViewを使おうと思います。
かなりシンプルに作ります。

UIWebViewについて

UIWebViewControllerとはwebページへアクセスする際に使用するもので、
最近では、LINEもwebが見られるようになりましたが
そんな感じのツールです。(適当)

StoryBoardのViewControllerにUIWebViewを配置しましょう

f:id:jumprails3303:20161122024814p:plain
こんな感じに、適当に、配置してください。

そして、コードと結びつけましょう。
名前は『webView』にしましょう。

こんな感じになるはずです。

最終的には、

こうなります

コードの解説

NSURL(string: )

これによってURLをインスタンス化します。

stringにはURLを入れます。

ただの文字列をURLのインスタンスにするイメージです。

ちなみに『NS』を外してもうまく行きます。

 

NSURLRequest(url: )

これによって、URLをネットワーク接続が可能な状態(リクエスト)に変換することができます。

urlにはインスタンス化されたURL(上のやつ)を入れます。

loadRequest(urlRequest: )

これによって実際にwebViewにwebページを表示することができます。

urlRequestには上のリクエストを入れます。

 

今回大事なこと

NSURLによってただの文字列だったものをURLに変換し、

NSURLRequestによってURLをネットワーク接続が可能な状態に変換し、

loadRequestによってwebViewに映す。


コメントを残す

*