Swift

Swift:UIPickerViewでセレクト入力!


今回は、UIPickerViewについてです。

作るものは、
f:id:jumprails3303:20161122225640p:plain

これです!

pickerViewで選択したものが、
上のUILabelに反映される。

というものです。

UIPickerViewについて

UIPickerViewとは、

くるくる回るアレです!

IOSっぽくてカッコ良いです。

まずは、新しいプロジェクトを作成して、

StoryBoardを開いてください。

そして、こんな感じに配置してください。

f:id:jumprails3303:20161122230124p:plain

一番上にあるのがUILabel

真ん中にあるのが、UIPickerViewです。

そして、コードと紐付けましょう!

名前はそれぞれ、

UILabel:label

UIPickerView:pickerView

としましょう。

となっていれば成功です。

しかし、まだこれでは
pickerViewにデータが入っていません。

あとは

このように編集しましょう。

textsという配列の中に
データを入れ、
そのデータがpickerViewに反映されます。


コメントを残す

*