Swift

Swift:UIButtonをコードだけで実装するメモ!addTargetの使い方!


今回はUIButtonをコードだけで実装します。

UIButtonをコードだけで実装するとなると、
心配なことがあります!

それは、
『IBActionを使えない』
ということです。

この{}内にUIButtonがタップされた際の処理を書きよすよね。

でもコードだけで実装する場合、
RUNしなければUIButtonは出てきません!
なのでコードとStoryBoard上のUIを結びつける動きはできないのです。。。

それらを解決するのが
『addTarget』です!

addTargetとは??

addTargetとは、
イベントを追加するメソッドです。

こちらを参考に作成させていただきます。感謝。
002 UIButtonでボタンを表示 · GitBook

 

まずはこんな感じにしましょう

UIButtonのインスタンス化

はUIButtonのインスタンスを作成します。

UIButtonのサイズと座標

このように指定します。

x座標、y座標、width(横幅)、height(高さ)
をいっぺんに指定します。
注意しなければならないのは
(x = 0,y = 0)は左上になるということです。

中学生の頃に習った数学で言う所の『原点』が それです。
f:id:jumprails3303:20161124215756p:plain

UIButtonのbackgroundColorの指定

 

とこのように指定します。
UIColorの後ろに色を指定します。

UIButtonのテキスト

このままだと、
ボタンに全く文字がないので文字をつけましょう。

setTitleの第一引数に文字を入れます。””で括るのがミソです。
第二引数の.normalはボタンの通常時を指しています。
通常時があるということは、そうじゃない時もあります。今回は省きます。

ここでRUNしてみてください。
おそらく真っさらな画面だと思います。
それを解決するのが、
『addSubview』!!!!

UIButtonをaddSubviewで表示

これは
ViewControllerのViewに実際に表示するメソッドです。引数に表示させたいものを入れます。(今回はbutton)

これをすることによってRUNした時に表示されます。

RUNしてみてください。
表示されましたか?

UIButtonにイベントを追加:addTarget

ようやくたどり着いました。
『addTarget』です!

これを追加しましょう。

actionに追加したいイベントを記述します。
今回はchangeColorというイベントを追加しました。
viewDidLoadにこれを足してください。

タップすると色がdarkGrayに変化します。darkGrayを選択する自分のセンスに脱帽です。おされ。

これのforの.touchUpInsideは、
『buttonの内側をタップした時にイベントが発動しますよ』
と指定してます。

最終的にはこうなります。

 


コメントを残す

*