Swift

Swift:UITableViewの下線(セパレーター)を消す方法


今回はUITableViewの下線(セパレーター)を消す方法をメモします。

 

UITableViewの使い方についての詳しい説明はこちら!

swift3:初心者向け!UITableViewの使い方:delegate・datasourceについて

 

UITableViewの下線とは?

UITableViewを使用する際に出現する行を分ける(セパレートする)線のことです。

今回はそれを消していくわけですが、、、

 

そもそも消す必要があるの?

正直あんまりありません笑

でも一つ思いつく例があります。

それはチャットUIを作るときですね!

実はUITableViewでチャットUIを実現できます。

『LINE』とかのUIを注意してみると、

メッセージを分ける下線なんてないですよね!(そもそもLINEにUITableViewを使用しているのかはわからんです。)

 

それでは方法をまとめます。

方法は二つあるのでお好きな方を選択していただければと思います。

Storyboard上で指定する方法

こっちの方がなんとなく簡単です。

①UITableViewを選択してください。

②うまくUITableViewを選択できている場合、右に『Separator』という項目が出てくるはずです。

そこを『None』に設定してください。

 

なんとこれだけ!簡単ですね!

 

コード上で指定する方法

こちらの若干難しいかもしれませんが、

それでもかなりシンプルです!

このようにviewDidLoad内に

tableView.separatorStyle = .none

と記述すれば良いだけ!

かなり簡単ですね!

 

最後に、下線が表示されない方は・・・

simulatorを立ち上げても最初から下線が表示されないことがあります。

それはsimulatorの画面サイズが問題であることが多いです!

そこの変更の仕方は

simulatorを開いた状態で、

『Windows』→『Scale』→『100%』

と選択してもらえばsimulatorが大きくなるので見やすくなるかと思います。


コメントを残す

*